アトピー性皮膚炎が快方へ 自然食と浄霊で心も前向きに

山下さん夫妻

愛息子と一緒に幸せいっぱいの山下さん夫妻

山梨 山下恭史(33歳)

私は小学生のころからアトピー性皮膚炎を患い、ここ数年は春先になると特に厳しくなる傾向がありました。特に、一昨年の春には、一段とかゆみが激しくなり、一か月間仕事を休んだり、生活や考え方が消極的になっていきました。

自然食取り入れる

アトピーの症状が小康状態になった同年の秋、浄霊センターの方から、「食と健康のモニター」を紹介され、参加しました。

提供していただいた自然農法産のお米と野菜を毎日食べ、調味料も自然のものを使用しました。また、妻と毎日互いに浄霊を取り次ぎました。

すると、アレルギー反応を示す総IgE値が下降するなど変化が出てきました。さらに、妻も5年間できなかった子供を授かり、私たちは心から喜び合いました。

自然食と浄霊の効果を体感した私は、第2回目のモニター(平成19年10月~翌3月まで)に参加することにしました。

心身ともに好転

2回目のモニターが始まるまでの半年間も、自然農法産の食材を可能な範囲でとるように心がけました。

モニター期間中は、妻が調理法を工夫してくれるなど協力してくれたおかげもあり、自然農法産の食材を多くとることができたと思います。

これまで私は、味の濃いものや冷たいもの、肉類を好んで食べてきたのですが、あまり食べたいと思わなくなり、苦手だった野菜も食べることができるようになりました。

また、以前の消極性が影をひそめ、仕事や人付き合い、子育てに関しても、積極的で前向きになっていきました。妻や母親からも、「変わったね」と言われました。

そして、モニター後の検査の結果、総IgE値が、約2400から1300へと今回も下降していました。皮膚の乾燥や掻痒感も改善されており、自律神経バランスも緊張状態からリラックス状態へと好転していました。

食の大切さを実感

自然食の効果を改めて実感した私たちは、現在も継続しています。

「食」の大切さを多くの方に知っていただき、自然農法産の食材を手軽に入手できるようになってほしいと願っています。いずれは、実際に野菜を育ててみたいとも思っています。

自然食とともに、浄霊の素晴らしさも実感したので、続けて家族に取り次いでおります。

モニター中にお世話になった皆さん、精魂込めて野菜を作り、提供してくださった農家の方々、そして協力してくれた家族に心から感謝しています。

Copyright(c) 2019 Sekai Kyusei Kyo IZUNOME All Rights Reserved.