永遠の幸福を願って

私たち1人ひとりには、先祖が必ずいます。1代、2代、3代とさかのぼっていくと、2人、4人、8人と増え続け、膨大な数になります。それら無数の先祖によって、今の自分があるのです。

岡田教祖は、私たち1人ひとりは”先祖の綜合体”であると述べています。自分自身の魂や心、体の中には、先祖の”いのち”と”思い”が脈々と受け継がれているのです。

先祖は、霊界から常に私たち子孫を見守り、そして”世のため人のために尽くす人生を歩んでほしい”と強く願っています。私たち1人ひとりが、その願いを受けて利他行に努めることによって、共に神のみ光に浴することが許され、永遠の幸福へと誘(いざな)われていくのです。

熱海聖地の祖霊舎では、信徒のみならず、多くの方からの申し込みによって、祖霊をお祀(まつ)りし、日々懇ろに供養しています。是非お近くの浄霊センターにお問い合わせください。

絵本「いのちのまつり」

絵本「いのちのまつり」(作:草場一壽 絵:平安座資尚 サンマーク出版)より

Copyright(c) 2017 Sekai Kyusei Kyo IZUNOME All Rights Reserved.