アフリカ

アンゴラでは、首都ルワンダを中心に約3万7000人の信徒がおり、自然農法の実施農場(約10ha)もあります。

アンゴラの信徒

人類発祥の地アフリカでは、アンゴラの首都ルワンダにアフリカ宣教本部の御神前が竣工(2006年)。3万人が、参拝席を幾重にも取り囲んだ

アンゴラの信徒

揃いの民族衣装で正装し、竣工を祝うアフリカ信徒

浄霊をするアンゴラ信徒

「JOHREI」は万国共通語。いつでもどこでも、手をかざす姿が見られる

2006年にはルワンダ近郊の土地約274haが政府から提供され、自然農法の農場と農学校が開設される予定です。

その他、モザンビークでは首都マプートに拠点があり約3000人の信徒が、南アフリカでは首都プレトリアに拠点があり約300人の信徒がおり、コンゴ民主共和国(約2000人)とサントメ・プリンシペ(約800人)に拠点があります。

Copyright(c) 2017 Sekai Kyusei Kyo IZUNOME All Rights Reserved.