熱海・瑞雲郷の春

JR熱海駅からタクシーで約5分の山の中腹に位置する瑞雲郷(敷地面積約7万5千坪)は、岡田教祖が造営した神苑で、救世神殿や救世会館などの諸施設があります。

苑内には、早春、馥郁(ふくいく)たる香りを放つ約360本の紅白梅をはじめ、桜、ツツジ(約40種類3600本)、アジサイ、萩などが植えられ、季節の花を楽しむことができます。

急峻(きゅうしゅん)な土地に開かれた境内からの見晴らしは格別で、幾重にも重なり合う伊豆の山々と海に伸びる岬、洋々とした相模湾に浮かぶ初島や伊豆大島、三浦半島から房総半島まで一望できます。

この動画では、春の瑞雲郷の様子をお伝えします。

Copyright(c) 2019 Sekai Kyusei Kyo IZUNOME All Rights Reserved.